土地の財産評価

土地の財産評価は、財産評価が必要な相続において必ずと言って良いほど発生するものです。
財産評価が必要であると言うことは、それだけ相続する遺産総額が巨額で相続税の基礎控除を超える、もしくは超える可能性が高い場合であったり、遺産分割協議がなかなかスムーズに進まなかったり、被相続人の財産評価を具体的に行わなければならない事情があると言うことですよね。
そのような際に土地の財産評価と言うのは遺産総額の中でもかなりの割合を占める金額となるケースが多いので、非常に重要視される評価なのです。
では実際に、土地の財産評価と言うのはどのような方法で行われるのでしょうか?

土地の財産評価は、大別すると二つの方法が用いられます。
一つ目は路線価方式、二つ目は倍率方式です。

まず路線価方式ですが、これは路線価をベースにして土地を評価する方法です。
路線価と言うのは簡単に言うと、道路それぞれに設定されている道路の評価額です。
評価対象となる土地が面している道路の路線価に、地積と画地補正率などを乗じて算出します。
地積と言うのはその土地の面積です。
画地補正率とは、土地の形状や道路との位置関係などを考慮して調整するために、それぞれ設定される補正率です。
土地の二辺が道路に面していたり、崖になっていたり、道路に面していなかったり、さまざまな宅地の事情が考慮され、0.0〜1.0の値を実際の補正率とします。

次の倍率方式ですが、こちらは土地の固定資産税評価額をベースに評価する方法になります。
畑や山林などが主にこの倍率方式が用いられますが、住宅地であっても市街地から離れている場合は適用されることが多いです。
日本の国土は地域それぞれに評価倍率が設定されており、この評価倍率に固定資産税評価額を乗じて評価する故に倍率方式と呼ばれています。

一般的な宅地はこの二つの評価方法のどちらかで評価されますが、広大地や貸宅地など特殊な宅地の場合、これらの評価方法に軽減措置が加えられることもあります。