知りたい 財産評価の方法

財産評価01

遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがあって、相続するときにはひとつひとつ財産評価をしていかなければなりません。
しかし実際に財産調査をすると言っても、まずどんなものが遺産相続の対象になる財産なのか分からなかったり、たとえ分かったとしてもそれをどのように評価すればいいのか分からないという人は多いと思います。

そこでここでは財産評価の方法についてお話していきますので、これから遺産相続をする可能性がある皆さんは参考にしてください。
まず最初に遺産相続の対象になる財産にはプラスの財産とマイナスの財産の2種類に分けられ、それぞれどんなものが該当するか調べておかなければななりません。

まずプラスの財産となるのは宅地、農地などの土地やマンション、アパートなどの建物、店舗、居宅、借地権、借家権など不動産や不動産関連の権利があげられ、他にも現金、預貯金、株券、貸付金、売掛金、裏書手形、受取手形、小切手など現金や有価証券、さらに自動車、エアコン、パソコン、その他家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品などの動産や電話加入権、ゴルフ会員権、著作権、慰謝料請求権、損害賠償請求権といったものがあげられます。
それ以外にも被相続人が亡くなったことによって発生する死亡保険金や死亡退職金のようなみなし財産も財産評価の対象となりますので覚えておきましょう。

さらにマイナスの財産も財産評価の対象にはなっていますが、最終的にはプラスの財産から引かなければなりませんので、こちらも正しく評価しておかなければなりません。
マイナスの財産は借金や未払い金のように相続人にとって負担になるものが対象になります。

それでは評価方法についてですが、不動産の場合はその種類によって変わってきますのでどんなものを相続するのか明確になってから、適切な財産評価をしてください。
詳しい評価方法については国税庁のホームページを見ると分かりやすいと思います。

また株式など発行元が明らかになっているものに関しては、それを管理しているところや発行元へ直接連絡して評価してもらうことになりますし、貴金属や骨とう品などは鑑定士に依頼してもらうのがいいでしょう。
ほかにも自動車は中古車買い取り業者が担当してくれますし、エアコンや冷蔵庫などの家電はリサイクルショップに買い取ってもらうことで現金化できますから、それを基準にして財産評価していくと分かりやすいと思います。