宅地の財産評価と路線価方式

不動産の財産評価と言うものは、非常に複雑です。
建物と土地だけで考えても、その両者では評価方法が全く異なります。
土地だけに限定して考えても、その土地の地目が宅地なのか農地なのか、山林なのか、それによって評価方法が違ってくるのです。
しかし土地を相続する場合、もっとも該当頻度の高い地目と言うものは存在しますよね。
それはやはり、宅地です。
そしてその宅地の場合に主に用いられる評価方法と言うのが、今回のテーマである路線価方式なのです。

路線価方式の路線価というのは、簡単に言うと道路それぞれに設定されている評価額です。
評価対象となる宅地が面している道路の路線価がベースとなり、宅地の評価額が決定されます。
そしてその実際の評価方法ですが、これは路線価に地積と画地補正率を乗じて算出します。

地積と言うのはその宅地の面積であり、画地補正率とはその宅地の立地や形状などを考慮して調整するための補正率です。
地積は単純な面積なので比較的簡単に計算できますが、画地補正率はかなり複雑な方法で割出される補正率ですので、素人が算出するのはかなり難しいでしょう。
崖に面していたり道路に面していなかったりといった立地条件と、形がいびつだったり奥行きが長かったりと言った形状を考慮して、0〜1.0の数値を算出します。

このように路線価方式で土地の評価を行うのは、かなり専門的な知識と計算が必要になるのですが、じつはまだこれだけで決定できるとは限らないのです。
同じ宅地と言う地目であっても、その宅地が自用地なのか貸宅地なのか、はたまた広大地なのか、といった区分が発生しますよね。
自用地であればとくに問題はないのですが、貸宅地だったり広大地だったりすると、さらに評価の軽減措置が可能となります。
これは本当にケースバイケースであり、広大地に至ってはその判定基準すら法的にもあいまいな部分があります。
いずれにしても土地の財産評価は専門家に相談するのがおすすめなのです。